本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > 教員一覧 > 教員紹介

教員一覧

教員紹介

先端融合研究環

Last Update 2015.04.01

武田  実たけだ  みのる
保存禁止
教授
商船学士 : 神戸商船大学  1984年
理学修士 : 大阪市立大学  1986年
博士(理学): 大阪市立大学  1993年
担当科目
全学共通 : 物理学BおよびC
学部 : 海事理化学実験1、超伝導工学概論
大学院 : 極低温科学、海洋極低温工学特論
研究内容
「海洋と水素エネルギー :超伝導技術の海事科学分野への応用」という統一的な研究テーマを掲げて、いくつかのユニークな実験的研究を行っています。特に、超伝導・極低温科学を基礎として、海を中心とした再生可能エネルギーの創生及び水素エネルギー海上輸送の観点から、他研究機関及び企業との共同研究を積極的に進めています。
   ・海流MHD(電磁流体力学)発電・水素発生及びMHD分離
   ・液体水素冷却超伝導応用技術の開発及び液体水素の熱流動特性の解明   など
学生へのメッセージ
超伝導・極低温の実験的研究に興味があり、夢のあるオンリーワンの研究(少しエキセントリックかも知れませんが…)を行いたい人を歓迎します。毎年7月には、研究室の学生と卒業生との合同研究会を開催しており、人と人との繋がりを大切にしています。