本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > 海事科学とは > 沿革

海事科学とは

沿革

   神戸大学海事科学部のルーツは、1917年、川崎造船所の創立者川崎正蔵氏の遺志により、その子芳太郎氏が設立した、私立川崎商船学校にまで遡ります。
1920年、官立の神戸高等商船学校に昇格し、1952年、国立の神戸商船大学が設置されました。
そして2003年に神戸大学と統合し、神戸大学海事学部になりました。

 

100年近い年月の中で受け継がれてきた伝統。それは、国際的に活躍する進取の精神です。

 

経済のグローバル化と、地球規模の環境問題の深刻化が進む中、それらを両立させる、持続可能社会の実現を目指し、本学部は2013年度より、新しく生まれ変わります。

年表

1917年(T6)
9月
  私立川崎商船学校を文部省認可
1920年(T9)
8月
  官立神戸高等商船学校創立
航海科 30名、機関科 30名
1952年(S27)
5月
  国立学校神戸商船大学を設置
航海科 60名   機関科 60名(以下人数は入学定員の意)
2003年(H15)
10月
  神戸商船大学と神戸大学が統合
海事科学部が設置され、次の 3 課程を設置
   海事技術マネジメント学課程  90名
   海上輸送システム学課程      50名
   マリンエンジニアリング課程    60名
自然科学研究科に次の専攻を設置
   博士課程前期課程
      海事技術マネジメント学専攻 12名
      海上輸送システム学専攻    16名
      マリンエンジニアリング専攻  16名
   博士課程後期課程
      海事科学専攻                    11名
海事科学部附属国際海事教育研究センター設置
附属図書館→神戸大学附属図書館海事科学分館
保健管理センター→神戸大学保健管理センター深江分室
地域共同研究センター→神戸大学連携創造センター深江地区
学部附属教育施設「船貨輸送研究施設」「海洋実習施設」廃止
野上智行神戸大学長が神戸商船大学長を併任
2004年(H16)
3月
  神戸商船大学廃止
   
4月
  国立大学法人法により国立大学法人神戸大学となる
神戸商船大学商船学部及び大学院商船学研究科学生は、海事科学部及び自然科学研究科に移籍
   
10月
  海事資料館を海事博物館に改称
2007年(H19)
4月
  海事科学研究科が設置され、次の専攻を設置
   博士課程前期課程   海事科学専攻 60名
   博士課程後期課程   海事科学専攻 11名
2008年(H20)
4月
  3 課程を 3 学科に改組
   海事技術マネジメント学科   90名
   海洋ロジスティクス科学科   50名
   マリンエンジニアリング学科 60名
2013年 (H25)
4月
  新たな 3 学科に改組
   海洋安全システム科学科   40名
   グローバル輸送科学科   80名
   マリンエンジニアリング学科 80名