本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > キャンパスライフ > 生活一般> ハラスメント相談

キャンパスライフ

生活一般

ハラスメント相談

 神戸大学では、学生、教職員の一人ひとりが心理的、身体的に安全かつ快適な環境で勉学に研究に仕事に専念し、充実したキャンパス・ライフをおくることのできる大学を目財しています。
 そのためには、安全で快適な教育・研究・労働環境を脅かすいかなる行為も黙認されるべきではありません。
 皆さんは大学の中で、学部、大学院やサークルあるいは職場に所属して、自由で幅広い人間関係をもつことができます。大学における人間関係は、男女の間、同性の間すべてにおいても自由、対等であり、互いに相手の立場を重んじることを前提としています。
 皆さんが、充実したキャンパス・ライフを送ることがでいるように、ハラスメントについて呼びかけたいと思います。
 ハラスメントに関する相談は、相談者が所属する部局等の相談員だけでなく、保健管理センター「こころの相談室」カウンセラーなど、どの相談員にもできます。
 相談をおこなう時間や場所は、相談員と直接相談して決めることになっています。


ハラスメント相談員名簿(学内利用者のみ)


ハラスメントとは
 ハラスメントとは、「嫌がらせ」を意味します。誰かがあなたに対して、あなたが望まない言葉や態度により、屈辱や精神的苦痛を感じさせたり、不快な思いをさせたりすることです。大学という環境の中では、教職員が学生に対して、あるいは学生同士、教職員同士の間などで、自らの優位な地位や権限を利用して、逆らえない立場にある相手に対して、相手の意に反する性的な性質の言動、飲酒の強要、嫌がらせ、いじめ、研究妨害、就労上および修学上の機会・条件・評価などでの差別の行為が、最も典型的なハラスメントといえます。
 教員には成績評価などの権限が与えられており、クラブ活動やゼミナールなどでは学生同士の間にも先輩と後輩、上級生と下級生の上下関係があるため、研究室、教室、部室など大学の外から見えにくい狭い空間は、ハラスメントが起きやすい環境にあるといえます。職場においても同じようなことがあります。