ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

2013年 新・海事科学部がSTART! 経済のグローバル化と、地球規模の環境問題の深刻化が進む中、それらを両立させる持続可能社会の現実をめざし、本学部は2013年度より、新しく生まれ変わります。このページは、2013年4月の学科改組後の海事科学部を案内しています。内容は予定であり、変更される場合があります。変更が生じた場合には、このホームページにてお知らせします。

現在表示しているページの位置
  • ホーム

-生まれ変わった海事科学部で、どう学ぶ?-

安全性や効率性、環境保全の観点から、地球規模での輸送・物流を最適化する。海事を通して、地球環境保全やエネルギー確保、災害対策などを考察する。機械工学、電気電子工学、エネルギー工学など工学分野を広く学び、安全評価や環境保全技術、新エネルギー開発に取り組む。海事科学部には、人文・社会科学分野から自然科学分野まで、幅広い学問フィールドが広がっています。

新しい3つの学科構成

グローバル輸送科学科

大陸と大陸を繋ぐグローバル輸送を、理工系学問をベースにマネジメントする人材を育成

海洋安全システム科学科

海洋環境・エネルギー・安全の分野を統合し時代に即応したカリキュラムへ進化

マリンエンジニアリング学科

要素技術とプラントの全体という「部分と全体」が見渡せる総合エンジニアを育成

[CHECK] 理系学部で全国1位の就職率100%を実現!

主な就職先を見る