本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > キャンパスライフ > 海技教育> 海技免状

キャンパスライフ

海技教育

海技免状

免状資格の取得について


 船舶職員となるには,海技免状の交付を受けなければなりません。海技免状は,海技士国家試験(身体検査,学科試験(筆記試験および口述試験))に合格し,さらに国土交通大臣が指定する免許講習の課程を修了した者に与えられます。ただし,国土交通大臣が指定した登録船舶職員養成施設を修了した者には,海技士国家試験の学科試験のうち筆記試験が免除されます。
 さらに,船橋当直に従事する船舶職員(三級海技士(航海)の免状を受ける学生が対象)となるためには,海技免状に加えて無線従事者の資格(第一級海上特殊無線技士または第三級海上無線通信士より上級の資格)を有しなければなりません。


(1)登録船舶職員養成施設

 本学部では現在, 下表に示す2種類の指定を受けています。


登録船舶職員養成施設の指定
船舶職員養成施設の種類 指定を受けている本学部の学科等
三級海技士(航海)第1種養成施設 グローバル輸送科学科航海マネジメントコース
乗船実習科(航海課程)
三級海技士(機関)第1種養成施設 マリンエンジニアリング学科機関マネジメントコース
乗船実習科(機関課程)

イ 試 験
 海技士国家試験は,身体検査と学科試験(筆記試験及び口述試験)があり,船舶職員として必要な知識及び能力を有するかどうかを判定するために行われます (船舶職員及び小型船舶操縦者法第13条)。学科試験では筆記試験に合格しなければ口述試験は受験できませんが,三級海技士第1種養成施設の指定を受けている本学部を修了し,海技免状取得に必要な所定の科目・単位を修了すれば,三級海技士の筆記試験が免除され,口述試験のみを受験すればよいこととなります。

ロ 乗船履歴
 海技士国家試験を受けようとする者は,受験に必要な乗船履歴を有しなければなりません。
 乗船履歴は,本学部を卒業し,かつその学部課程において,試験科目に直接関係のある教科単位を修得しておれば,特例によって,海技教育機構または船社の練習船による実習の期間が1年でよいことになっています。ただし,「二級海技士, 一級海技士」の筆記試験のみを受験する場合は乗船履歴を必要としないので,学部在学中でも受験できます。在学中に受験し,合格することを強く勧めます。

ハ 海技試験受験に必要な書類
 受験申請時には,次の書類を運輸局(または運輸監理部)に提出することになります。
 (※変更になる場合があるので,申請時には再度確認すること)

書類名 記入要領/注意事項 筆記 口述
試験申請書(第10号様式)[OCRシート] 氏名・生年月日・性別・本籍等を鉛筆で記入
試験申請書(二)※
  1. 試験の免除(筆記・科目・身体検査)を受ける方は,「試験の免除」欄に必要事項を記入
  2. 乗船履歴の特例等を受けようとする方は,学校名,卒業証書番号等を所定欄に記入
  3. 口述試験を受験する方は必要年数の乗船履歴を記入
受験票 住所・氏名・生年月日・性別・年齢を左右とも記入し,写真2枚(3cm×3cm)を貼付
手数料納付書※ 筆記試験,身体検査,口述試験ごとに作成し,過不足のないように収入印紙を貼付(消印はしない)
戸籍抄本または本籍地記載の住民票
  1. 本籍地記載の住民票で申請日前1年以内のもの
  2. 謄本または戸籍記載事項証明書でも可
  3. 海技免状および小型船舶操縦免許証の原本提示でも可
海技士身体検査証明書
(第7号様式)※
試験開始日前6ヶ月以内のもの(3cm×3cmの写真1枚を貼付し,医師の割印を必ず行う)
海技免状(受有者のみ) 原本提示(原本確認のある写しでも可)
卒業証明書等
  • 養成施設修了者で筆記試験免除および乗船履歴の特例を受ける方
  • 養成修了者の筆記試験免除期間は修了日から15年以内
  1. 卒業証明書,修了証明書,単位取得証明書等
  2. 訓練記録簿(平成11年4月1日以降,養成施設に入学した者)
乗船履歴を証明する書類
  • 15年以内の履歴でかつ5年以内の履歴を含む下記のいずれかの書類
  1. 船員手帳または船員手帳記載事項証明書
  2. 乗船実習証明書
無線従事者免許証船舶無線従事者証明書
  • 通信または電子通信の試験を申請する方
    原本提示(原本確認のある写しでも可)
合格証明書(筆記,科目および身体) 合格した運輸局以外で受験する場合
返信用封筒
  • 郵送で申請する方,受験票返信用宛先を記載し,切手(92円/定形外封筒は140円)

●は必須,○はケースにより必要
「書類名」のうち※印のあるものは,神戸運輸監理部のWEBページ「船の免許→海技免状・海技試験申請書類の様式」からダウンロードできます。



(2)免許講習の課程

 本学では、下表に示す免許講習の指定を受けています。


免許講習の指定
免許講習の種類 指定を受けている本学部の学科
  1. レーダー観測者講習
  2. レーダー・自動衝突予防援助装置シミュレータ講習
  3. 救命講習
  4. 消火講習
  5. 上級航海英語講習
グローバル輸送科学科
  航海マネジメントコース
  1. 機関救命講習
  2. 消火講習
  3. 上級機関英語講習
マリンエンジニアリング学科
  機関マネジメントコース


(3)ECDIS講習

  ECDIS(Electric Chart Display and Information System : 電子海図情報表示装置)は,電子海図とともに船舶の位置,針路および速力などを表示する航海計器です。
  ECDISの搭載が義務化された船舶に航海士として乗船するためには,国際条約に従って,国から指定された講習を受講する必要があります。



(4)第一級海上特殊無線技士長期型養成施設および無線従事者資格について

  本学部グローバル輸送科学科航海マネジメントコースでは,航海士・船長に必要とされる「無線従事者免許」を取得するための第一級海上特殊無線技士長期型養成施設の指定を受けています。この長期型養成施設は,学部修学中に所定の科目・単位を取得すれば国家試験が免除され,免許申請のみで『第一級海上特殊無線技士免許』を取得することができます。


  乗船実習科に進学し練習船における無線関係の訓練を修了するには,この『第一級海上特殊無線技士免許』を取得するか,『第三級海上無線通信士』の国家試験に合格し免許証を取得していなければなりません。
  これにより乗船実習科において6ヶ月の実習後,「船舶局無線従事者証明」により三級海技士(電子通信)の受験資格を取得することになります。さらに三級海技士(航海)免状を取得すれば学科試験が免除され,「第三級海上無線通信士」の免許を取得していれば身体検査のみで三級海技士(電子通信)の海技免状を取得することができます。