本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > 海事科学部 > 学科紹介 > 海事技術マネジメント学科

海事科学部

学科紹介

海事技術マネジメント学科

   本学科の特色は、人、船、海に関する総合的な生きた知識と技術の習得を目指すことにあります。各個人が独自に責任を持って意思決定ができるようになることを目標に教育を行います。したがって、意思決定の際に必要となる知見や技術を、マネジメントに関する科目群から各自が選択して学べるようになっています。

外国航路の船舶職員となるための海技士国家資格(航海、機関)を取得することができる授業科目を用意していますが、単に船を動かす知識と技術を学ぶだけでなく、陸上の海事社会等幅広く活躍できるマネジメント能力を備えた技術者としての資質を身につけることができます。

このような意味で、本学科は体系的な知識と技術を習得できる数少ないコースの一つになっています。科学技術とマネジメント技術を学ぶことにより、社会科学的な広い視野を持った専門家や技術者として、幅広い分野で国際的に活躍できる人材の育成を目指します。

   この海事技術マネジメント学科では、まず、船舶運航又は機関管理に関するいずれかの科目群 (航海群又は機関群) を選択して学びます。 それぞれの科目群の単位修得により、航海又は機関の3級海技士 (国家資格) の筆記試験免除の資格が与えられます。 (なお, 乗船実習科に進学し帆船を含む遠洋航海を終えると航海士、機関士の国家資格が取得できます。)

   そして、これらの知識、技術を基盤として、さらに安全管理・品質管理・技術管理などのマネジメント技術をもう一つの科目群 (海事安全・技術管理群) から選択して学ぶことにより、海事分野ばかりでなく他分野のマネジメント業務を担当する技術を身に付けることができます。

学科専門科目
[海事安全・技術管理分野]

統計数学、保全信号計測、海洋環境管理概論、海洋環境生命工学、オペレーションズリサーチ、交通機関概論、管理科学概論、海事技術評価論、信頼性管理、操船リスクアナリシス、船体リスクアナリシス、海上交通安全管理、人間情報処理論、危機管理、技術システム管理、海難論、水域施設設計論、船隊運航管理論、情報処理演習

[航海分野]

航法計算論、航海測位論、航海学演習、操船論1、操船論2、航海電子基礎論、航海計器学、船舶工学、航海力学、船舶安全論、海上交通法、海事法規、航海情報論、海洋気象学、航海学実験1、航海学実験2、航海学実験3、学内船舶実習、海事英語1、海事英語2

[機関分野]

工業熱力学、電気・電子回路、材料力学、流体力学、流体機械、材料加工学、船舶工学、制御理論、熱機関工学、伝熱工学、電磁機器学、機械製図、機関英語、推進工学、燃料燃焼及び潤滑論、船舶機関管理論、学内船舶実習、機関学演習、機関学実験、材料加工演習