本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > 海事科学部 > 学科紹介 > 海洋ロジスティクス科学科

海事科学部

学科紹介

海洋ロジスティクス科学科

   世界経済のグローバル化に伴い生産の国際分業体制が進展した現代において、地球規模での輸送・物流活動は不可欠であり、効率的で安全な輸送・物流ネットワークの構築が重要となっています。 一方で、輸送・物流活動に伴う地球温暖化、エネルギー問題、海洋汚染や大気汚染・騒音などの環境問題が深刻化しそれらへの取り組みも求められています。 本学科では、こうした地球規模の輸送・物流活動を対象として、海上輸送に限らず陸上輸送とのつながりをも考慮した海事分野全般にわたる輸送体系について、「安全性」 「効率性」 「環境保全」 の視点から、海上輸送・物流システムを設計・評価し管理運用できる、実践的な業務遂行能力を有する技術者の育成を目的としています。

   このような目的を実現するために, 本学科の専門科目は, 輸送科学分野とインテリジェント交通分野の2つの科目分野より成り立っています。 このうち輸送科学分野では、(1)工学及び経営・経済学の観点からみた交通・輸送体系論、(2)貨物輸送をロジスティックスとして大局的に捉えるための分析手法並びにロジスティックスの最適化を図るための数理科学手法、(3)港湾施設計画と海上輸送・港湾荷役・陸上輸送を通じた危険物を含む貨物輸送の管理、(4)輸送貨物材料や貨物を防護する包装材料の化学的・力学的特性などに関して学習します。 一方のインテリジェント交通分野では、(1)輸送・物流活動を情報通信の側面から捉えた理論化の方法、(2)安全で効率的な船舶ナビゲーションシステムとそれを支援する情報通信システム、(3)沿岸及び大洋域における海上交通システムの構築とインテリジェント化、(4)船舶航行に影響を与える海洋及び海洋気象環境の解析と情報の収集、(5)海洋環境の保全と海上における防災などに関して学びます。 専門教育では、積極的な学習への取り組みを促し、また、習得した専門的知識の理解を体験的実践的に深められるように、海上輸送システム学実験、船舶実習、システム開発演習の各科目を設定しています。

学科専門科目
[輸送科学分野]

統計数学、交通経済論、貨物管理概論、国際交通論、輸送行動論、輸送行動演習、包装材料力学、マテリアルハンドリング論、オペレーションズリサーチ、ロジスティックスシステム論、ターミナル論、海上貨物輸送論、港湾社会資本計画、海象港湾計画論、交通計画、交通システム分析、包装材科学、包装材料力学、材料化学、危険物輸送管理論、学内船舶実習、海上輸送システム学実験、システム開発演習、科学技術英語

[インテリジェント交通分野]

情報数学、知能情報処理論、情報処理演習、計算機システム概論、応用情報処理論、プログラム設計論、プログラム設計演習、海洋情報解析論、気象情報解析論、海洋汚染論、海上防災論、ナビゲーション論、海洋計測学、航海システム概論、海上通信システム、情報ネットワーク論、船舶システム概論、海上交通システム概論、システム学概論