本学で学びたい方へ一般・企業の方へ在学生の方へ卒業生の方へ教職員の方へ

HOME > 教員一覧 > 教員紹介

教員一覧

教員紹介

海洋安全システム科学講座

Last Update 2017.05.02

香西  克俊こうざい  かつとし
保存禁止
教授
商船学士 : 神戸商船大学  1977年
Master of Science : Cornell University  1982年
博士(工学) : 千葉大学  1993年
担当科目
学部 : 海洋学、海洋観測解析論、衛星海洋学
大学院 : 海洋リモートセンシング、海洋リモートセンシング特論
研究内容
地球観測衛星搭載の様々な合成開口レーダー画像やマイクロ波放射計、散乱計とメソ気象モデルを使って海上風速の推定、風力エネルギー資源評価を行っています。メソ気象モデルの利用は大澤准教授との共同研究です。洋上風力資源評価のための衛星画像解析だけではなく、現場及びモデル風速データを利用した検証と洋上風力資源開発への応用が特徴です。また他研究機関、諸外国研究機関との共同研究を積極的に推進しています。
  • マイクロ波放射計AMSR2とメソ気象モデルを用いた風車ハブ高度における風速推定と風力資源評価
  • 合成開口レーダーALOS2/PALSAR2及びメソ気象モデルによる風車ハブ高度における海上風速、風力資源推定
  • 合成開口レーダー風速推定アルゴリズムを利用した洋上風力資源評価に及ぼす大気安定度の影響
学生へのメッセージ
海洋・気象研究室は林美鶴准教授、大澤輝夫准教授、山地一代准教授と私の4人で構成されています。本研究室では週1回研究室ゼミ(Air-seaゼミ)を開いています。各学生が当該研究の進み具合を報告するだけでなく、研究室内の他の学生の研究に積極的に関心をもってもらうよう配慮しています。